現代のおせち事情

現代においておせちの意味合いは変わってきています。昔はお正月に食べる縁起のいいゲン担ぎをする食べ物でしたが最近ではそのような意味合いも薄くなってきています。絶対に必要ではなくなってきています。

おせちを正しく学ぶmain画像

現代のおせち事情

お正月が近くなると、おせちの話題があがってきます。

最近では、おせちも簡単に準備できるようになりました。

お正月近くになると、大抵のスーパーでおせちの準備をしています。

そこで、おせちを購入して重箱に詰めれば簡単に即席おせちが出来上がります。

また、最近では多くのお店でお取り寄せのおせちを扱っています。

その種類もとても豊富です。

有名料亭が監修したおせち料理などもあります。

注文して待っている間も楽しみで仕方ないのではないでしょうか。

おせちとはいっても、昔とはだいぶ変わってきています。

昔は、おせちはお正月に食べることが当たり前でした。

おせちは縁起のいい料理です。

お正月におせちを食べることで一年の縁起を担ぐ意味合いがありました。

また、おせちは保存にも優れています。

おせちを、1週間食べ続けることができるように作られています。

そのため、お正月はおせちとお雑煮があれば十分だと昔の人は考えていたようです。

けれど、そのような文化も現代ではだいぶ形を変えてきています。

現代では、お正月でも多くのお店が開いており、保存食の必要がなくなりました。

また、高級なお取り寄せのおせちには、縁起のいいおせちの願掛けのような意味合いの強い料理も減って、味で勝負という姿も見られるようになりました。

おせちは現代においては絶対にお正月を迎えるにあたって必要なものではなくなってきているのかもしれません。

けれど、やはりおせちとお雑煮でお正月を迎えることは重要なことだと思います。

《おせちのご予約はお早めに!まずはこちらから⇒http://www.oisix.com/shop.gift--ostop06__html.htm